« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

ならまち通り第三弾

ならまち通り第三弾
柿の葉寿司の老舗、平宗にてランチrestaurantトマト素麺、鰻ちらし付き。そうめんは三輪そうめんですよsign01これはアッサリとサラダ感覚で良いよいdeliciousheart04。暑い時にピッタリな美味しさ。柿の葉寿司はテイクアウトにして帰りの新幹線bullettrainの中で夕食に、残りは翌朝の朝食sunに頂きました。やっぱり駅弁の柿の葉寿司と全然違う〜shine。ごはんがフックラしていて美味heart

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ならまち通り第二弾

ならまち通り第二弾
人生で1番高価なカキ氷を食す@樫舎(甘味処さん)。ガイドブックbookとかを見たわけではなく良い雰囲気だったので入店。満員で待ちましたが待ち1番めだったのでラッキーhappy01shine。その後、 10人くらいお客さんが入ってきました。

氷は初めて食べる食感。雪みたい〜snow。中に小豆、寒天、白玉が入っています。寒天が口の中で溶ける!抹茶蜜濃厚。これだけのお値段、納得できるような、できないようなthinkたかが、カキ氷、されどカキ氷confident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ならまち通り第一弾

ならまち通り第一弾
ならまち通りにて古風な菊岡薬局発見。入ってみると余り見たことない漢方薬がズラ〜リhappy01。試しに2つばかりお買い物。うどんや風一夜薬本舗sign02しょうが飴_風味絶佳じゃなくて辛味絶佳....coldsweats02_と、いつも服用している麦門冬湯のトローチタイプ_本番とか演奏時にのみやすそうconfident、粉じゃないからむせないし_

帰りの新幹線bullettrainの中で冷房があまりにきつくて上着を羽織っても寒かったのですがpenguin、試しに生姜飴をなめてみたら凌げるような気がしました。かな〜り辛いimpact

オリジナルの薬版は効くのだろうか?昔、風邪のひき始めには、うどんを食べて温まると良いと言われたことから、うどん屋さんに置いてあったことが名前の由来だそうです

麦門冬湯トローチは値段を聞かずに買ったら結構高くてショックshocksign03まぁいざっていう時に効いてくれることを祈るのみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プロフィール写真

公式プロフィール写真には使えないかもですが、6月末にプロフィール写真を撮り直した中の1ショットcamera

プロフィール写真

Facebookのプロフィール写真に使用confident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手前味噌ですけれど~

earもし宜しかったら、お聴きearearくださると幸せですhappy01shinesign01

http://www.youtube.com/watch?v=rm5Vd_vhJbE&feature=youtu.be

6月末のコンサート、木下牧子先生がUpupして下さいましたheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ショートトリップ IN 奈良 ☆☆☆☆☆


観光ラストは元興寺で一部残存する飛鳥時代の日本最古の屋根(写真上)を見て、興福寺(写真下)で阿修羅像を見るsign01そして最後の数十分を奈良国立博物館なら仏像館でザッと仏像見学〜。

ひや〜奈良に一泊二日にしては大容量。何というハードスケジュールcoldsweats02
sweat01

 

しかも、ご覧のように晴天続きsun、ものすごく暑くて汗をたっぷりかいて_最後の日は猛暑で頭が痛くて大変でしたーshock

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ショートトリップ IN 奈良 ☆☆☆☆

ショートトリップ IN 奈良 ☆☆☆☆

子供の時以来ぶりの東大寺。別に大仏がみたい訳じゃなく、やはりJR東海のCMで見た四天王に興味があって戒壇(左上)をまず目指す。うん!やっぱり良い〜持国天増長天はカッeyesign01と目を見開き口をグワッと開けて、広目天多聞天は口を食いしばり、目は細目。表情が力強い。考えてみたら、子供の時は来ていないな〜戒壇には。敷地が広大だから親に連れてきて貰えなかったのかも。今回はレンタサイクルで回ったので何とか回れたけど。私は仏像の中でもヒンドゥーから仏教化した仏様が好きかもheart04

そして
法然上人の絵が祀られている指図堂にも立ち寄りました。観光的にはマイナーなお堂。仏教も異宗派交流ってあったんですね〜。東大寺華厳宗法然浄土宗

まあメジャーですから
大仏殿(中央)も参拝。やはり大仏(右上)デカイsign03でも大き過ぎると表情が大まかな感じになるように思うthink

 

拝観不可の三月堂(法華堂)左下_ここに沢山、国宝の仏像があるみたいで残念_。

マイナーで小さな
四月堂にも寄り、ここでは千手観音像拝観。

で、お水取りでポピュラーな
二月堂(右下)。回りから観れるだけなんですね〜。

正倉院は工事中で拝観不可。外側にも入れずでしたが、ま東大寺を満喫した感が〜〜〜dash

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ショートトリップ IN 奈良 ☆☆☆


金峯山寺参詣後はバスに乗り、金峯神社(左上)の鳥居前まで。吉野山の地主神をまつっています。境内_と言っても山ですから高低差がある_にある義経隠れ塔を見学。でも復元されたものだから新しく有り難みがない〜think

そして更に険しい山道を行き、先程の
西行庵に立ち寄り、次に吉野水分神社(右上:鳥居、中央:お社)へ。水分〜みくまりと読み、水の配分を司る天之水分大神を祀っています。桃山時代に豊臣秀頼が再建したらしいですが、古くて良い雰囲気shine

最後に
如意輪寺(左下)へ。ここには後醍醐天皇の御陵(右下)があります。南北朝時代と言いますが、京都から余りに離れた何もない田舎への都落ち感を気の毒に思いました。お墓、天皇の遺言で通例を破って北向き、京都向きに建てられてるのですってweep

あらためて場所をチェックしたら最初の吉野山から谷ひとつ挟んで離れた山にあるお寺みたい。ここから今度はバスbusもロープウェイも使わず、吉野駅まで徒歩runで戻ったのでした。それにしても、時々、妹が甥っ子を押し付けてくる。笑。今回も誘った訳じゃないのに、一緒に行くといわれ、普段よりコチラと出かける方が楽だからなんだろうな〜と。まぁ可愛いから良いんですがconfident

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

甥っ子 IN 吉野

って食べてる写真ばかりですがcoldsweats01sweat01
上は金峯山寺よりずーっと上にある西行庵。西行法師が来て隠棲していたことがあるらしいですが、これは新しい建物で何だか風情が無いなので甥っ子をモデルにしてみましたhappy01

下は、みたらし団子& よもぎソフトクリームを食べる甥っ子。食いしん坊なので食べている時が1番良い顔をするんですdelicious。あはは・・・でも、5歳児にして大人と一緒に途中で転びながらも、文句言いながらも山道を10km近く歩いたんですよcoldsweats02sign03見直してしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ショートトリップ IN 奈良 ☆☆


長谷寺の後は吉野へ。日帰り参加をしたいと言う妹家族と合流。まずは機械遺産であるケーブルカーで吉野山駅まで行き、金峰山寺と向かう。そう、 JR東海のコマーシャルでご本尊の秘仏の3体の青い「蔵王権現像」が紹介されている.....でも、御開帳が10月とあって、ここもまた時期はずれで観光客もまばら。

写真は
仁王門の仁王様たちと蔵王堂。この蔵王堂の中で、甥っ子が熱心な信者さんの真似をして頭を床に擦り付けてお参りするのが微笑ましかったですconfidentheart04

cherryblossomや御開帳の時期はすごい人だかりなのだろうなぁ〜think

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ショートトリップ IN 奈良 ☆


先週末、京都の漢方の病院hospitalと引っかけて奈良へ。金曜日は京都に泊まり、朝4:40には起きて、奈良へと向かう。最初は長谷寺へ。ロケーションが素晴らしいお寺ですね。山門入って直ぐの登廊の雰囲気も良い感じだし、清水寺のように舞台になっているのもGOOD。春は登廊沿いに牡丹が咲くのだそうで、きっと更に良いのでしょう。御本尊の十一面観世音菩薩は10m余りと迫力sign03時期外れで観光客も少なくユックリ回れましたが、暑かったcoldsweats02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

発表会終了〜

昨日、生徒さんたちのコンサートが終わりました。ホッdash。最後のレッスンまで、クチを酸っぱくして言い続けた甲斐があったかな〜。

 

友人ピアニストさん達から「合わせより全然良くなってるsign01」「生徒さんたち、ど根性見せましたねsign03ちょっと感動しちゃったー。」とのお言葉。良かったよかったconfident

(上)カルチャーの唱歌notesのクラスの皆さん

発表会終了〜

(下)自宅&カルチャーの個人レッスンnoteの生徒の皆さん

バックグラウンドも、目標_目指すところも全然違う皆さんですが、歌が大好きheart04なのが共通項。そこんとこ、すごく大事shineです。

とにもかくにも、皆様、良く頑張りましたねhappy01。お疲れ様でした~sweat01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最後のレッスン

note生徒さんの発表会noteを明後日に控え、最後の生徒さんのレッスン終了dash。カルチャーの生徒さんの希望で補講レッスン@自宅houseでした。74歳のマダムです。

それにしても、皆さん頑張っていらっしゃるなぁ・・・とconfident。音大や音教卒の方たち、あるいは合唱歴notesのある方、多少なりとも音楽に関わってきた方ならいざ知らず、音楽教育をまともに受けず_私のところで初めて歌のレッスンと言うものを受け始めた方たちが何人かいらっしゃいますが感心してしまいます。曲がりなりにも1曲、2曲人前で歌を披露するのってご本人には1大イベントだと思うんですよね。

先日、伴奏合わせに来た友人ピアニストに「生徒さんを手放しでほめるって事ないでしょう?」と言われてしまいましたが、ほめないと言う事はないんですね。勿論、アマチュアの方たちには限界があるかもしれない。だけど、そこへ向かうまでの努力をされていない方にはほめようがないし、よしんば良くなったとしても未だその人の限界ではないなぁと思うと手放しでほめることはしません。

アマチュアであれ、プロであれ、特にプロにはこれでオシマイsign03ってことはないので一生勉強ですが、発表会では今現在その人その人おのおのが持てる力を発揮shineして下さればなぁと願ってやまない私なのでした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »